意外に低コストである

医療脱毛の施術費用はエステ脱毛に比べて高額です。エステ脱毛のワキ脱毛は安い所で千円を切りますが、医療脱毛のワキ脱毛は2万から3万円程かかります。ところが内容をよく確認すると、エステ脱毛の場合、ワキだけを行う方はほとんどいません。

必ず他の部位と一緒に契約をしています。ワキ脱毛の単価は医療脱毛に近い位の費用がかかります。そして他の部位と一緒に契約すると格段とワキ脱毛の費用が安くなります。

キャンペーンを上手く利用し、部位の組み合わせによってはワキ脱毛が無料になることも少なくありません。エステ脱毛で、ワキ脱毛だけ申し込むつもりが、更に高い金額を契約して、複数個所の脱毛をする方が多い理由というのはこういった事情があるからです。

ただエステ脱毛自体は永久脱毛効果が得られにくい為、コースが終わってからも更新契約して、サロンへ通い続けることとなります。対して医療脱毛はエステ脱毛より強力なレーザーやフラッシュを使用しますので、毛乳頭の破壊力が強いです。

医療行為なので、ニードルを使って完全に毛乳頭を死滅させることも可能です。破壊力が強い分、痛みを強く感じ、肌への負担も大きいですが、万が一、炎症を引き起こした時はすぐ治療に取り掛かる事ができる為、安心、安全に脱毛ケアができます。2年から3年くらい通うと、ほぼむだ毛が無くなります。

ニードルを使った電気脱毛だと、1度の施術で永久脱毛ができます。それを考えると、かなり費用が安上がりになります。

銀座カラーの値段は、リーズナブルです

永久脱毛効果が高い

医療脱毛の大きなメリットといえば、永久脱毛が実現できるという事です。永久脱毛というのは、一生むだ毛が生えてこない状態になるという事です。
むだ毛というものは毛乳頭で作られ、成長していきます。

むだ毛の成長に必要な栄養分もこの毛乳頭を介して送られます。そのため、毛乳頭を完全に破壊する事で、二度と毛が生えてこなくなるということになります。

しかし毛乳頭は1つの細胞であり、細胞を傷つけること自体、医療行為に当たりますので、医師免許を持っていないとできないと法律で定められています。
免許を持っていない人が独自で行うと、傷害に当たります。

そのため、エステ脱毛でできることというのは限りがある為、より永久脱毛効果を出せるくらいの威力が強い機器を使える医療脱毛を利用する方が増えています。エステ脱毛で永久脱毛をするのであれば、
半永久的に通わないと完全に無毛状態にすることができません。

施術単価ははるかに医療脱毛よりは安いのですが、長く通わなければならないというデメリットがあります。

今主流の光脱毛はエステ脱毛、医療脱毛ともで行っている脱毛方法ですが、医療脱毛は、万が一のリスクマネージメントができる為、より強力な機器を使った光脱毛を行う事が認められています。

何かがあっても、それなりの処置が迅速に出来る為、多少のリスクがあっても効果が高い永久脱毛ができるのは、結果、お財布にも優しく、嬉しいところです。痛い電気脱毛も麻酔が利用できるので安心できます。

アリシアクリニックの全身脱毛プランを契約中です

治療が出来る

医療脱毛の最大のメリットは、施術時に何らかのトラブルが起きた時に、すぐに治療にができるという事です。
治療は医師にのみ許された医療行為です。医師の処方箋が無いとできません。

肌に炎症を引き起こした時の塗り薬の処方、痛みを和らげるための麻酔などができます。また、医療脱毛を行っているところは、ほとんど美容外科ですが、大体のところは形成外科も併設しているため、施術によって傷痕が残ってしまっても形成外科で対処ができます。

もちろん、傷痕が残らないような高度な技術を持っているスタッフが多いです。医師が中心となって施術しますので、一部のエステサロンでも行っている電気脱毛にしても、より肌の状態、体の仕組みを熟知し、技術が高いスタッフが対応しますので、心配には及ばないです。

脱毛に限らず、体のケアをするようなサービスは、体に何らかのトラブルを招く危険性も秘めています。そして、こういったケースは責任の所在があやふやになりやすく、顧客が泣き寝入りすることも少なくありません。

また施術後しばらくして発覚することが多い為、対処が遅くなりがちです。医療脱毛だと、原因も特定しやすい為、的確に治療ができます。

治療費は施術費用と別に発生しますが、下手に原因が特定できずに、いたずらに病院をめぐるよりは、余分な費用はかかりません。

また、アトピー肌や重度の敏感肌の方にとっては、すぐに治療ができるというのは大変心強いものがありますので、肌トラブルを抱えている方は医療脱毛をお勧めします。

アイライン脱毛して綺麗になりました